1. ホーム
  2. 活動ブログ

活動ブログ

*開設5周年企画* ぶろっさむ旅行2014~サマー・オブ・東北~ 其の弐 (2014/08/04)

一同が向かった先は、昨年の「ぐらすグループ」主催のチャリティイベントを通じて、

私たちが知り合った多賀城市の障害者自立支援施設(就労支援継続B型・定員20名)の

社会福祉法人嶋福祉会「さくらんぼ」さん。 http://www.shimafuku.jp/sakuranbo_annai.html

 

以前にもこのブログで紹介したことのある、津波の被害により元あった施設が全損してしまい、

現在、大手家電メーカーの工場内に部屋を間借りした状態で事業継続をしている作業所です。

 

【河北新報ONLINE】再起への道 宮城・被災障害者施設の今(3)/漂流/さくらんぼ(多賀城)/安住の地、確保が難航

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140613_15035.html

 

 

そう、忘れてはならない私たちの今回の旅の<目的>は、以下の3つ。

————————————————————————————————————————

①自分たちも楽しみながら、「千葉で稼いだお金を、東北で使う」ことを通じて、

被災地域・周辺地域の経済の復興支援に仲間たち自身が一役買うこと。

 

②「あの日」から3年が過ぎた東北の太平洋沿岸部の被災地の現状を自分たちの肌で感じ

「これから自分に出来ることは何か?」を考えるための研修として。

 

③被災地で今なお多大な苦労をしながら活動している就労系障害福祉事業所に対して

支援のエールや寄付金を届けること。

————————————————————————————————————————

 

このうちの3を叶えるために、事前にアポをとって、私たちは「さくらんぼ」さんにお邪魔したのでした。

 

ぶろっさむ meets さくらんぼ。 Yes, Cherry Blossom! (←特に深い意味はありません…)

 

 

「さくらんぼ」さんでは、以前にもお世話になった施設長の山崎さんが、震災当日の様子やその後の状況について

「ぶろっさむ」の仲間たちにも分かり易い言葉で丁寧に説明してくださり、また、震災を機に生まれた商品、

震災で損壊された住宅等の銅線を用いた「ト音記号」アクセサリーについて、実際に制作されている

利用者さんが実演をしながら見せてくれました。真っ直ぐな銅線を一本一本力を込めて・丁寧に「「ト音記号」」

の形にしてゆくその姿からは、ガレキの中から復興のはじまりを告げる音楽が聞こえてくるようでした。

 

また山崎さんからは、「さくらんぼ」が今年で10周年を迎えること。再建の道のりは厳しく、事業廃合がささやかれた

時期もあったが、自分たちの屋号を守り抜くために、昨年のチャリティイベントを通じて千葉から届いた寄付金で

ずっしりと重い欅の木から作った看板を制作したこと、いつかこの看板を掲げられるような立派な施設を建てられるように

という願いをもって日々を乗り越えているというお話をうかがい、胸が詰まりそうになりました。

 131 147 KIMG0157

 

最後に私たちからは、千葉のお土産として、「ぐらすグループ」の有志で集めた支援金と、いっしょに頂いたメッセージを

「ぶろっさむ」職員・利用者で色紙に書き写してイラストを添えたものをお渡しさせて頂きました。

(「ぶろっさむ」のレク実行委員長Oさんは、仲間たちへのお土産に「ト音記号キーホルダー」をまとめて購入。)

155 166 101

「さくらんぼ」の皆さん、そして被災地で働いている仲間たち、これからも私たちは千葉から応援し続けます!

そして、私たちも、みなさんが前を向いてがんばっている姿から貰ったパワーで、これからもがんばります!!

未来へ向かい、共に歩みましょう。

(つづく)


*開設5周年企画* ぶろっさむ旅行2014~サマー・オブ・東北~ 其の壱 (2014/08/04)

毎年恒例となった「ぶろっさむ」の宿泊旅行。

ゆかいでおかしな仲間たちのカーニバル(珍遊記)です。

 

今年は開設5周年を記念し、また職員のための研修も兼ねて、

8月1日(金)~3日(日)まで、2泊3日の東北は宮城県の

東日本大震災における被災地域への旅に、

合計23名の仲間たちと共に行ってきました。

 

朝8時に実籾の「ぶろっさむ」に集合。

そこから京成電車で上野駅までGO!

社内では、それぞれもこれから始まる「旅」の予感を感じ、

期待と不安を胸に思い思いの表情をしていましたが、

日頃から月1のお出かけレクで公共の交通機関に乗り慣れているみんなは、

実にマナー良く過ごしていて、私(武井)も感心。

 

唯一、実籾駅構内で、調子に乗って写真を撮りまくっていた私が

みんなから預かった切符を落としてしまうというハプニングがありましたが(オイ!)、

気を利かせてくれた実籾駅の駅員さんが上野駅まで連絡を入れてくれ、

無事に改札を通ることができました。これも日頃の行いが良いからでしょう。(えへ)

 

ちなみに、未来の福祉人材を育てるため、旅行にはヤングジェネレーションズたちも参加です。

健太&直樹 106 まひろ&ひなた

 

上野駅からは、いよいよ新幹線(やまびこ133号)に乗車。

始めての人もいて、いやがおうにも気持ちが盛り上がります。(中には隣の人を突っついたりして楽しんでいる人も…)

115 116 110

12:04分 仙台駅到着。はるばる来たぜ、杜の都。(誰だ?こけしと一体化している人は!?)

そしてランチタイムは、皆さんお待ちかねの…牛タン定食ちゃんでございます♪

新幹線でGO! 123 126

 

そして、たっぷりと腹ごしらえした一同は、レンタカーを借りて、一路、お隣の多賀城市へと向かったのでした。

(つづく)


ぶろっさむパンフレット (2014/04/01)

燃え尽きるほど、ヒート!!

ぶろっさむパンフ2014改(三つ折り・両面印刷)


あくあ・わさびパンフレット (2014/04/01)

震えるぞ、ハート!

あくあ・わさびパンフ2014改(三つ折り・両面印刷)


3.11震災の記憶(LINKS) (2014/03/11)

東日本大震災により犠牲になられた数多くの方々に対して
深く哀悼の意を表します。

今日、宮城県の障害福祉サービス事業所の方より、宮城県沿岸部で
被災した各事業所の関係者の方々による震災当日の手記を元にして
みやぎセルプ協働受注センターが取りまとめ、本日開設したサイト
「3.11震災の記憶」をご紹介頂きました。

今もなお障がいのある方々と共に被災地に暮らし、日々の支援に従事されて
いる方々が、震災から3年が経過した現在、当時の記憶を記録として残すことで、
災害時に全国の人達の参考になればという考えから、悲痛な想いで綴られた
文章を公開して下さっています。

1つ1つの手記について多くの方に読んで頂き、被災地に暮らす方々
のために自分たちに何ができるのだろうか?ということを、これからも
共に考え続けてゆくために、この場を使い紹介したいと思います。

 

3.11震災の記憶

http://www.miyagi-selp.org/links/shinsai-no-kioku

 

(以下サイト内ページより抜粋)
————————————————————————————————
「あの日、私たちは戦っていました。」

3.11 震災の記憶

平成23年3月11日、私たちは東日本大震災を経験しました。それから今日まで、県内外の方々から様々なご支援をいただきながら、復興への道を歩み始めています。日一日と状況が改善されていく中で、震災の記憶もまた少しずつ薄れていくのを感じていました。そんな中、県外の方々から震災時の対応について質問を受ける機会が多くあり、「あの日、何を感じ、どう行動したのかを記録に残すべきでは」という気持ちが強くなっていきました。
ここに掲載しましたのは、実際に事業所が被災し、避難誘導やご家族との連絡、さらには復興への第一歩までを経験した、障害者就労支援事業所職員の「生の声」です。この苦しくも貴重な経験を共有することで、今後起こりうる災害への備えに、少しでもお役立ていただければ幸いです。

————————————————————————————————

 

 


はーとふるメッセ 実りの集い 2014 (2014/03/08)

こんばんは。

Mr.G系ことG・Takei です。

さて、今日は「わさび」の売り込みに幕張メッセで開催された

「第5回 はーとふるメッセ 実りの集い」行ってきましたが、

会場で販売や展示を行っていた千葉県内で授産活動をおこなっている

他の各施設の商品レベルの高さに圧倒されて帰ってきました。

どこも、本当にすごい!

一般市場に出しても十分に勝負出来そうな商品が、

良心的な値段で並んでいて、思わず私も何点か購入してしまいました。
いずれは、うちも・・・ね(「わさび茶漬け」とか?!)

 

尚、写真は、「わさび」も絡んでいる船橋市における小型家電リサイクル

の取り組みについて熱く?語る「わさび」の土屋主任。

私がふざけたパワポ資料を作ってしまったので、マジメな土屋さんは

ずいぶん苦労したようですが(笑)、当日は練習時にくらべると

だいぶ開き直れてできたようです。とりあえず、お疲れさま。

※ふざけたパワポは「資料館」にアップしてあります。

DSC01280

DSC01283

DSC01287

DSC01284

 


船橋市における小型家電リサイクルのとりくみ (2014/03/08)

はーとふるメッセ 実りの集い2014 にて発表した資料です。

船橋市における小型家電リサイクルのとりくみ


シャバで飲む一杯 (2014/02/21)

昨年11月に歩行中に転倒した結果、大腿骨転子部骨折にて手術

→入院リハビリとなった「あくあ」のTさん。

 

本日、無事退院。

実に3ヶ月ぶりにシャバへと出てきました。

とはいっても、そのまま市内の介護老人保健施設(老健)へと移り、

入院前に行っていた「地域生活」への復帰を目指して更なるリハビリを続けます。

(Tさんは介護保険サービスの受給者でもあるんですね。)

 

で、写真は、これからお世話になる老健へ行って最初の食事をしている時のTさん。

さっそく大好きなコーヒーがただで出て来るサーバを目ざとく見つけて、

一杯やっています。

シャバに出てきて飲む最初の一杯は格別、かな?

明日からのリハビリがんばれ、Tさん!

PT350001

PT350001


戦後日本の福祉の歴史と就労継続支援事業について (2014/02/12)

戦後日本の福祉の歴史と就労継続支援事業について

※職員向けのお勉強資料(頭が痛くなる版)


はたらくと作業所と私 (2014/02/12)

はたらくと作業所と私(H26年1月)

*職員向けのお勉強資料(簡易版)


2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

NPO法人 1to1 ワントゥワン

千葉県船橋市前原東3-36-1
» アクセスマップ
営業時間: 9:00~18:00(月~金)

お問い合わせは TEL 047-411-6816

メールでのお問い合わせ

  • リンク集
  • ぐらすグループ