1. ホーム
  2. 活動ブログ

活動ブログ

小型家電解体リサイクル ~初めての引き取り~ (2014/02/08)

皆さま、こんにちは。

「わさび」の土屋と申します。

 

昨年4月に施行された「小型家電リサイクル法」の下、ここ船橋市においても、一般の方向けに「回収ボックス」が市内4カ所(※)に設置され、小型家電リサイクルの新たな事業が開始されました(正確には現在は、4月からの本格開始を前にした実証期間中です)。

※市役所本庁舎・船橋駅南口FACE・北部清掃工場・東図書館の4カ所。

 

①回収ボックスに持ち込まれた使用済みの小型家電を、「わさび」を含む市内の2障がい福祉事業所が引き取ります。

②引き取った小型家電を、手作業で解体作業を行ない、基板・銅・鉄といった素材ごとに細かく分別します。

③分別した素材を、国の認定を受けた処理業者へ売却します。

④売却して得た利益が、「わさび」の仲間たちの収入(工賃)となります。

 

今週5日(水)に回収ボックスが設置され、一般の方からの持ち込みが開始されたわけですが、本日、わずか3日目にして早くも「ボックスがいっぱいになってます」とのご連絡をいただき、初めての引き取りに市役所へ行ってきました。

 

DSC05788

 

(何が入ってるだろう・・)とドキドキ緊張しながらボックスを開けると、ボックス内のケースにいっぱいになった、一般の方から持ち込まれた使用済みの小型家電。

そのずっしりとした重み・・。

 

DSC05781

 

ガラ袋1つでは収まりきらなかった使用済み小型家電を台車に乗せて車に運び、「わさび」へ持ち帰りました。

初めて手にしたこの重みをひしひしと感じてしまったハマちゃん・ほっしー・ゲンさんでした。

 

DSC05787

 

このような感じで、「市役所本庁舎」と「船橋駅南口FACE」の引き取り・回収を、今後も「わさび」の仲間たちが担当します。

どうぞよろしくお願いいたします!

 


小型家電解体リサイクル~船橋モデルについて (2014/02/06)

2月から、いよいよ船橋市の「実証事業」がスタートしました!

 

船橋市内に設置された4箇所の回収BOXに市民の方々が投函された使用済み小型家電製品を、
うち(「わさび」)と「光風みどり園」さんとで、定期的に回収し、解体・分別作業を行い、
認定業者さんへ引き渡すと、それが障がいを持つ仲間たちの工賃に繋がるという仕組みです。

 

千葉県では初とのこと。

 

社会の資源リサイクルに貢献しているという意識を持って、一同取り組んでゆきたいと思います。

 

MyFunaネットでも記事が取り上げられています。詳しくはこちらをご覧下さい。
http://myfuna.net/reg/press/navi/2014/02/06162623.html


What’s going on? (2013/10/09)

「子ども被災者支援法」が骨抜きの危機

原発事故被災者や自治体が、国に“異議申し立て”

 

岡田 広行 :東洋経済 記者 2013年10月07日  より

http://toyokeizai.net/articles/-/21068?page=3

 

 

* * * * *

 

原発事故被災者や自治体が、国に“異議申し立て”

 

福島第一原発事故で被災した子どもや住民の生活や健康を守るための法律が、政府の手で「骨抜き」にされる危機に直面している。

 

昨 年6月、超党派の議員立法による「原発事故子ども・被災者支援法」(以下、支援法)が衆参両院での全会一致で可決成立。そして1年2カ月以上もかかって復 興庁は今年8月30日に具体的な施策を定めた「基本方針案」を発表したものの、その中で「支援対象地域」から外された地域が福島県会津地方や関東、東北の 広範囲に及ぶことがわかった。

 

基本方針案をとりまとめた復興庁は「時期は未定」としているが、支援法制定で中心的役割を果たした川田龍 平・参議院議員(子ども・被災者支援議員連盟幹事長)は「10月15日の臨時国会召集までに現在の案とさほど違いがないまま基本方針が閣議決定されてしま う可能性がある」と危惧する。そうなると、多くの被災者はこれまで求めてきた支援施策の対象外に置かれることになりかねない。

 

(以下、略)

 

* * * * *


ぶろっさむ旅行2013 in 情熱的暴走半島 (2013/10/06)

DSCN0043

<貸し切り>で宿泊した「情熱ペンション」in 富浦 にて。

(やばぁやばぁゲストも何故か合流中。)


多賀城市視察報告(平成25年7月11日) (2013/10/01)

「あの日」から2年4カ月が経過した宮城県多賀城市の作業所「さくらんぼ」さんと多賀城市役所を訪問した際の記録です。

多賀城市視察報告(H250711)


Won’t Get Fooled Again! (2013/09/28)

以下、「東電株主代表訴訟」というホームページの記事より、部分的に抜粋。

詳細は、以下URLを当られたし。

http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/blog-entry-127.html

 

 

* * * * *

 

東電取締役らの不当な不起訴処分は許されない

2013年9月10日

東電株主代表訴訟原告団

 

私たち、東電株主代表訴訟では、裁判において東電取締役らに対し、「津波は予見可能であった」と主張・立証して闘っている。福島原発告訴団の被告訴人である勝俣恒久らをはじめとした東電関係者のほとんどは私たちの訴訟の被告である。

この裁判の過程で、東電テレビ会議の記録が保存され取締役会議事録等が開示されるなど、被告らの過失が徐々に明らかになろうとしている。国会事故調は、原発事故は人災であると断じ、東電自身が過失を認めたことも広く報道されている。

東京地検は、数々の具体的な警告を得ていたにもかかわらず問題を先送りにし、津波対策を何ら取らなかった東電及び被告訴人らを不起訴処分とした。

この度の福島原発告訴団の告訴事件に対する不起訴処分に関して次の点で抗議する。

 

(中略)

 

検察官の独立性

不 起訴の発表を2020年オリンピック誘致が東京に決まったその日、国民がオリンピックの話題に浮かれているその日、更に新聞休刊日にこっそりと発表した。 この不当な不起訴処分を、ニュースの陰でこっそり行おうとしたもので恥ずべき行為である。去る8月30日、東京電力の汚染水問題が衆院経済産業委員会で審 議されようとした際「オリンピック誘致に不利になる」として自民党が先送りしたのと同様、時の政権の意向に従ったと判断せざるを得ず、検察官の独立性を疑わせる由々しき事態である。

 

告訴の政治利用

「不起訴」の正式発表の前にリークした朝日新聞、日経新聞、そして「不起訴」の正式発表を伝えた時事通信、共同通信、東京新聞、毎日新聞、そしてNHKもすべての報道機関が「福島原発告訴団が告訴している菅元首相ら不起訴処分」と同様の見出しを打っている。

しかし、福島原発告訴団が告訴している中に菅元首相は含まれていない。

福 島原発告訴団が告訴・告発しているのは、原発を推進して来た東電歴代取締役、福島県による事故後の安全キャンペーンを担った学者たち33人そして法人とし ての東電である。また、福島原発告訴団と同様に作家の広瀬隆氏とルポライターの明石昇二郎両氏も東京地検に告発していたが、その被告発人は、東電取締役と 学者16人である。いずれの被告訴・告発人に、元首相の菅直人氏は入っていない。

唯一、菅直人氏を告発しているのは「被災地とともに日本の復興を考える会」という団体であるが、政治家など6人を告発しているものの、その活動内容はまったく不明である。

たしかに、福島第一原発事故による被害につき、告訴・告発は複数ある。

し かし、福島原発告訴団は、告訴後から10通以上の上申書を福島地検に提出し続け、具体的な証拠を示し、東電幹部らの過失、被害について主張立証してきた唯 一の市民団体であり、その告訴・告発人数も14716人で最大である。彼ら、彼女らは、この事件の犯人は東電幹部ら、福島県による事故後の安全キャンペー ンを担った学者たちであると告訴に至ったのである。

にもかかわらず、上述の報道は、菅直人氏が告訴されていることを利用し、あたかも福島原発告訴団が菅直人元首相を筆頭とする被告訴人らを告訴しているという印象を与え、多くの国民が誤解を招くよう誘導していると言わざるを得ない。

これは、14716人の告訴・告発人の思いを踏みにじるもので到底許されない。

 

(以下、略)

 

* * * * *


「あくあ」を移転のお知らせ (2013/07/01)

突然ではございますが、「諸事情」がありまして(※)、

昨年12月に移転したばかりの「あくあ」を再び移転することにしました。

ご近所の皆さまおよび周辺地域の方々には大変良くして頂いていたのに、

申し訳ございません。とても残念です。

ただ、「リサイクルショップあくあ」は、引き続き、前原西5丁目の今の場所で

営業を続けてゆきますので、どうぞ皆様、今後ともご贔屓下さい。

 

「あくあ」は、7月16日(火)より 新しい場所で心機一転、活動を開始します。

 

★新あくあ

・住所 船橋市飯山満町2丁目488-48 (飯山満児童ホームの裏です。)

・電話 047-401-7087      (番号が変わります。お間違いなく。)

 

「諸事情」につきましては、落ち着いてから詳しくご報告できればと思います。

 

       今後も、市や県と一つ一つ相談しながら、

     「障がいのある方々の地域における生活を守る」という使命を、

       全力で果たして参りたいと思います。

 

皆さま、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 


働く男の背中 (2013/05/14)

image

今日は、暑かったぁー!
坂道の多い地域だし、息切れしちゃった。。。

水分も2リットルくらいなきゃ(*_*;

でも、時間までキッチリやろう!
ってなんか燃えたよね。

くたびれ過ぎて笑うしかなかった私。

勇ましいみんなに、助けられたよ!


見渡す限りの「ぶろっさむ」~ニューオフィス開所のお知らせ (2013/05/01)

今日から新人職員も加わり、ついに合計20名の大所帯に。

という訳で、朝礼だけ新しく借りた部屋で行ってます。

 

なんだか、こうして見るとどっかの会社みたいですね!

(実際は、毎日がハードボイルド・ワンダーランドなんですが・・・笑)

 

お、いっちょ前に朝礼の司会を務めているのは

4月に入ったばかりのワルワル・ルーキーT君だ。

 

みんなでいっしょに成長してゆこう!

DSCN0003


今日も「わさび」は、平和です。 (2013/04/24)

そよ風が とっても気持ち 良くってね

ボクは道路に 寝そべって

 

そしたらなんと・・・

 

by ゆしょば@今日は仕事をサボりました

 

寄り添う二人

寄り添う二人(リメンバー)

 


2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

NPO法人 1to1 ワントゥワン

千葉県船橋市前原東3-36-1
» アクセスマップ
営業時間: 9:00~18:00(月~金)

お問い合わせは TEL 047-411-6816

メールでのお問い合わせ

  • リンク集
  • ぐらすグループ