1. ホーム
  2. 活動ブログ
  3. りすたあと

りすたあと

秋といえば・・・ (2018/10/30)

オータム・リーブス、ですね。(哀愁漂うウゥゥ~)

すっかりご無沙汰しており、すみません。。。

 

 

それはそうと、ややシーズンが過ぎてしまった感はありますが

「あくあブルー」、予定通り9月18日に無事にオープンできましたので、

ご報告いたします。

 

 

法人設立以来10年間、地域の皆さまに長らくにご愛顧いただいていた

リサイクルショップあくあ」を閉め、地域との新たな、そしてより親密な

関係づくりのために、これまでのバザー品販売だけでなく、利用者さんたちや

地域の作家さんたちの手作り品や駄菓子類の販売、およびふらっと立ち寄られた方が

休憩したりお友だちとお話したりできるフリースペースとしての開放など(有料

になりますがコーヒー等飲料の提供も行っております)、新しい試みにチャレンジして

ゆくことにいたしました。

 

また、店舗スペースの後ろにあるバックヤードでは、お庭の除草作業や荷物運びなどの

便利屋しごとやチラシやパンフレットのポスティング作業等を行うメンバーが待機して

おり、そちらの部分でも地域の皆さまにお役に立てればと思っております。

 

<事業所概要>

・事業所名称: あくあブルー

・事業形態・定員: 就労継続支援B型・10名

・営業日: 休祝日を除く月曜~金曜 (お店は今のところ水曜定休)

・営業時間: 9時~18時

・住所: 船橋市前原西7-12-9(地図

・電話場号:047-409-2421

 

今後とも「あくあブルー」をよろしくお願いいたします!


あくあ+ブルーバード=? (2018/08/01)

 

青いっすねぇ~

 

 

青いねぇ・・・

 

 

(夏だからネ♪)

 

 

という訳で、

 

 

NEW事業所「あくあブルー」前原西7丁目にて近日オープン(予定)

 

 

 

乞うご期待!

 

 


えっ!? あの「わさび」が主たる事業所に?? (2015/02/01)

(すっかり久しぶりの投稿で、ですみません。

でも、みんな元気に仕事をしておりますので、ご安心を。(*^_^*) )

 

「はい、『わさび』です」「もしもし、私『わさび』の○○です」

以前はちょっと頬を赤らめながら『わさび』を名乗っていましたが、

今日からは、違います!(でも、やっぱりなんだか恥ずかしいなぁ・・・)

 

本日をもって、『わさび』は晴れて、「主たる事業所」として船橋市

に登録を認められ、定員も12名から16名に変更となりました。

 

それに伴い、これまで「主たる事業所」だった『あくあ』は、

「従たる事業所」になったという訳です。

 

これはいったい、何のための布石なのか・・・

 

それは、またの機会に。

 

では、

 

一同、心気一点ガンバリます!

 

 

 


電線マンがやってきた! (2014/10/31)

皆さまは、「電線マン」をご存じでしょうか?

 

「電線マン」とは、これ↓

http://www.youtube.com/watch?v=2bB9v7b20Fg

 

あ、間違えた。これ↓です。

http://densen-man.com/

 

そう、「電線マン」とは、大阪の枚方市にある中小企業、

株式会社アスクが開発した、知る人ぞ知る卓上型の

廃電線被覆剥離機なのだ!

(簡単に言えば、家電製品なんかで使っている細いコード

を覆っているビニールを剥がして、中から銅線を取り出す

機会です。)

 

今年度から使用済み小型家電製品の分解・分別作業に

本格的に取り組みはじめた「わさび」では、作業効率の向上と

作業に携わる障がいのある仲間たちの工賃向上を目指し、

この度、思いきって「設備投資」をすることを決たのですが、

そこで導入することにしたのが、かねてから目をつけていた

この「電線マン」だったのです。

 

(これなら、手先に力が入りづらい仲間たちでも、機械に

空いた穴にスッとビニール線を入れるだけで、銅線を

取りだすことができますからね!)

 

*尚、この度の「電線マン」の購入にあたっては、

平成26年度公益財団法人 中央競馬馬主社会福祉財団

助成金を活用させて頂きました。

私どものような活動資金の確保に四苦八苦している団体に

とっては、大変ありがたい助成金です。先日は助成金目録

贈呈式にも参加させて頂き、誠にありがとうございました。

 

 

今週、待ちに待った「電線マン」が大阪から「わさび」へ届き、

今日、アスクの長倉純平取締役が、わざわざ製品の使い方を

教えて下さるために、私たちのところへ来て下さいました。

(本当にありがとうございます!)

DSC07216

これが噂の「電線マン」(手前・・・なんでもくん、奥・・・便利くん)

 

DSC07215

長倉取締役の説明を真剣に聞く「わさび」の面々。

(写真には映っていませんが、小型家電製品チームみんなで聞いています。)

 

DSC07219

こうやってビニール線を穴に通すだけで・・・

 

DSC07217

こんな風にキレイな銅線が取れちゃうんです!

これから、楽しみだな~♪

 

(ただし、船橋市回収BOXから集めた使用済み小型家電製品については

分解・分別方法が指定されており、ビニール線の剥離は行わないことに

なっているため、それとは別の回収ルートおよび納品先の確保が課題として

あります。)

 

 


前原地区福祉まつりに行ってきました♪ (2014/10/26)

船橋市の前原地区社会福祉協議会にお声かけ頂き、

「あくあ」として毎年、実行委員会による準備段階から

参加しているのが、我らが「前原地区福祉まつり」です。

 

 

地域に10以上ある町会・自治会の役員の皆さまと、

地域の高齢・障がい・児童関係の福祉事業者から

ガールスカウト等のボランティア団体まで、

<地域の福祉向上ために>取り組む様々な関係者が

力を合わせて作り上げるのが、この「まつり」の特徴。

 

 

今年でなんと、11回目。

 

 

10月26日の日曜日に、例年通り津田沼の

東部公民館にて開催されました。

 

 

「『リサイクルショップあくあ』の出張販売」と題して、

「あくあ」から3名の利用者さんと職員1名が参加。

実行委員の私(武井)は、彼らのサポートに回ります。

 

今年は天候にも恵まれ、あくあチームの陣取る4回ロビー

への客足は途絶えることなく、販売時間の4時間が

あっという間に過ぎてしまった感じでした。

 

売上の方も、近年稀に見るⅠ万5千円越え!

(これ、販売しているのは基本的にはバザー品で、

価格は1点10円~高くても300円ですからね・・・)

 

どうりで忙しかった訳です。

 

 

ちなみに、まつり全体の集客人数が入り口でのティッシュ

配付数が456個だったので500名は超えていると思われ、

公民会入口で開催した復興支援バザーの売上も、

93,450円と過去4回で最高。

 

 

この売上に模擬店売上からプラスアルファが加わり、

合計10万円が前原地区社協を通じて福島の被災地へ

寄付されることになります。

 

 

遊びに来て下さったみなさん、ありがとう。

ご参加頂いたみなさん、お疲れさまでした!

 

第11回福祉まつりチラシ表面     第11回福祉まつりチラシ裏面

IMG_2737     IMG_2738


あくあ・わさびパンフレット (2014/04/01)

震えるぞ、ハート!

あくあ・わさびパンフ2014改(三つ折り・両面印刷)


はーとふるメッセ 実りの集い 2014 (2014/03/08)

こんばんは。

Mr.G系ことG・Takei です。

さて、今日は「わさび」の売り込みに幕張メッセで開催された

「第5回 はーとふるメッセ 実りの集い」行ってきましたが、

会場で販売や展示を行っていた千葉県内で授産活動をおこなっている

他の各施設の商品レベルの高さに圧倒されて帰ってきました。

どこも、本当にすごい!

一般市場に出しても十分に勝負出来そうな商品が、

良心的な値段で並んでいて、思わず私も何点か購入してしまいました。
いずれは、うちも・・・ね(「わさび茶漬け」とか?!)

 

尚、写真は、「わさび」も絡んでいる船橋市における小型家電リサイクル

の取り組みについて熱く?語る「わさび」の土屋主任。

私がふざけたパワポ資料を作ってしまったので、マジメな土屋さんは

ずいぶん苦労したようですが(笑)、当日は練習時にくらべると

だいぶ開き直れてできたようです。とりあえず、お疲れさま。

※ふざけたパワポは「資料館」にアップしてあります。

DSC01280

DSC01283

DSC01287

DSC01284

 


船橋市における小型家電リサイクルのとりくみ (2014/03/08)

はーとふるメッセ 実りの集い2014 にて発表した資料です。

船橋市における小型家電リサイクルのとりくみ


シャバで飲む一杯 (2014/02/21)

昨年11月に歩行中に転倒した結果、大腿骨転子部骨折にて手術

→入院リハビリとなった「あくあ」のTさん。

 

本日、無事退院。

実に3ヶ月ぶりにシャバへと出てきました。

とはいっても、そのまま市内の介護老人保健施設(老健)へと移り、

入院前に行っていた「地域生活」への復帰を目指して更なるリハビリを続けます。

(Tさんは介護保険サービスの受給者でもあるんですね。)

 

で、写真は、これからお世話になる老健へ行って最初の食事をしている時のTさん。

さっそく大好きなコーヒーがただで出て来るサーバを目ざとく見つけて、

一杯やっています。

シャバに出てきて飲む最初の一杯は格別、かな?

明日からのリハビリがんばれ、Tさん!

PT350001

PT350001


小型家電解体リサイクル ~初めての引き取り~ (2014/02/08)

皆さま、こんにちは。

「わさび」の土屋と申します。

 

昨年4月に施行された「小型家電リサイクル法」の下、ここ船橋市においても、一般の方向けに「回収ボックス」が市内4カ所(※)に設置され、小型家電リサイクルの新たな事業が開始されました(正確には現在は、4月からの本格開始を前にした実証期間中です)。

※市役所本庁舎・船橋駅南口FACE・北部清掃工場・東図書館の4カ所。

 

①回収ボックスに持ち込まれた使用済みの小型家電を、「わさび」を含む市内の2障がい福祉事業所が引き取ります。

②引き取った小型家電を、手作業で解体作業を行ない、基板・銅・鉄といった素材ごとに細かく分別します。

③分別した素材を、国の認定を受けた処理業者へ売却します。

④売却して得た利益が、「わさび」の仲間たちの収入(工賃)となります。

 

今週5日(水)に回収ボックスが設置され、一般の方からの持ち込みが開始されたわけですが、本日、わずか3日目にして早くも「ボックスがいっぱいになってます」とのご連絡をいただき、初めての引き取りに市役所へ行ってきました。

 

DSC05788

 

(何が入ってるだろう・・)とドキドキ緊張しながらボックスを開けると、ボックス内のケースにいっぱいになった、一般の方から持ち込まれた使用済みの小型家電。

そのずっしりとした重み・・。

 

DSC05781

 

ガラ袋1つでは収まりきらなかった使用済み小型家電を台車に乗せて車に運び、「わさび」へ持ち帰りました。

初めて手にしたこの重みをひしひしと感じてしまったハマちゃん・ほっしー・ゲンさんでした。

 

DSC05787

 

このような感じで、「市役所本庁舎」と「船橋駅南口FACE」の引き取り・回収を、今後も「わさび」の仲間たちが担当します。

どうぞよろしくお願いいたします!

 


2019年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

NPO法人 1to1 ワントゥワン

千葉県船橋市前原東3-36-1
» アクセスマップ
営業時間: 9:00~18:00(月~金)

お問い合わせは TEL 047-411-6816

メールでのお問い合わせ

  • リンク集
  • ぐらすグループ