1. ホーム
  2. 活動ブログ

活動ブログ

徒然なるままに・・・ (2020/07/26)

「コ」になってから初めての投稿。

あ、「コ」ってのは、私(武井)が敬愛するミュージシャンの山口さんが日記の中でアレについて触れる時に書いていた言葉ね。

正直、私もアレのことは触れるだけで忌々しい気がするから、その表現を拝借しちゃいます。

別にウィルスに罪はないんですけどね(たぶん)。

愚かなのは、いつだって私たち人間だから。

 

実は、2月の「ワンパク」以降(というか実際には2019年の春以降、かな?)バーンアウに近い状態でなかなか気持ちが上がってこないというか、積極的に<外>へ向けて心をオープンにしようと思えないような状態が続いていました。

まぁ2016年8月に土地を買って2017年11月のグループホーム「ありえす」の開所から、2019年4月に生活介護事業所「ささえ」を開設しそれに合わせて組織の改編を行っている間かなりのオーバーワークを自分に課してきたし、その間に40才代という自分にとってはなんだか難しいと思える年齢に突入しちゃったりとか、その間の経験を通じて自分の感覚が研ぎ澄まされていく一方で、どう対処したものか悩ましい色んなことが見えてくるようになっちゃったりとかして、自分で言うのも何ですが、心も体も、ちょっとしたお疲れモードになっていたのです、きっと。

(それで、今年の3月には立ち上がれないほどの激痛に着まわれ、人生で初めて救急車で病院へ運ばれたりもしました。

まぁただのぎっくり腰だったのですが・・・)

 

そんな訳で、最近は休日はステイ・ホームして軽めのワークアウトに励んでいたりします。

(平日は、普通に出勤して仕事。「コ」なんかに負けずにしっかり働いていますから、うちの事業所)。

・・・とはいえ、難しい時代になったなぁ、とつくづく思いますね。

もしかしたらもうずっと前からそうだったのかもしれないけれど、今や機械やロボット、AI(人工知能)などを用いた様々な分野における自動化の技術、そしてICT(情報通信技術)などのテクノロジーは深く我々の「暮らし」や「文化」に入り込んでいて、もはやそれが無い生活は考えられなくなってきています。

特に、「様々な機能を1台の端末にまとめて、かつ持ち運び可能なサイズに収め」さらに「直感的(視覚的)に分かりやすいUI(ユーザインターフェイス)によって、ほぼ誰でも使用できるようにした」スマートフォンの普及は(余談ですが、決して安くはない本体代金を分割払いで月々の通話・通信料と一緒に払えるようにするっていうあの仕組みはよくできているなーと感心します。)、私たちの<コミュニケーション><人間関係>のあり方を大きく変えました。

それは<革命>といっても良いくらいのインパクトを私たちの社会に与えたといって良いでしょう。

 

確かに、便利。

それに、効率的。

そして、生産的(たぶん)。

でも、何かがひっかかるんですよね・・・

 

おっと、スマートフォンそのものにも罪はないので、この話はこれ以上掘り下げるのはやめておきます。

ただ、私がここで問題にしたいと思っているのは、テクノロジーと「労働」の関係についてなんですね。

それは、私の周りにいる就労継続支援事業所で働いている知的障がいのある人たちにとっての「労働」の価値というものを考えた際にぶつかる問題なんです。

あんまり意識されないことだけれど、テクノロジーには、その背後に「思想」があります。

そして、その「思想」において価値あるものとされているのは、上にも書いたように、便利であり・効率的であること。

 

それらの価値は、明らかに知的障がいのある人たちの「労働」が私たちにもたらしてくれる価値とは対立するものである、と私は考えます。

それが良いことなのか悪いことなのかは別として、これまで彼らが体現していた(と思われた)価値って、おそらく、「愚直に、黙々と」とか「不器用だけれど、精一杯」とか「手間暇惜しまず、丁寧に」とか・・・そういうことでしたからね。

(余談ですが、これらは私自身がこれまでの人生で大切にしてきた価値観でもあります。そういったものを「古い」ものとして切り捨てるような空気が、ここ何年かの間に急に私たちの社会を覆うようになったように気がするんですよね。)

ちょっと前に「寿司職人が何年も修行するのはバカ」とホ●エモンが言ったとかニュースになっていたけれど、これだけテクノロジーが私たちの生活に入り込んでくると、そういった短絡的な考え方が出てくる(…というかそういう発言をしても良い空気が社会に生まれる)というか。師弟関係のような濃密な人間関係の中で過ごす時間を通じて人から人へと伝播されてきたものは、技術(テクニック)だけじゃあないだろうに。(もっとも、そいうものを「面倒くさい」「ウザったい」と思う気持ちも分からなくはない。でも、人間関係ってそういうものだよね。)

 

こういう書き方をすると嫌な気持ちになる人もいるかもしれないけれど、私たちはあるテクノロジーを日々用いることによって、その背後にある「思想」に知らず知らずのうちに感染していくんですよね。

私が「コ」なんかよりもよっぽどやっかいだなぁと思っているのは、そのことで、

「働き方改革」も「リモートワーク」も大いに結構なことではあると思うけれど(個人的には違和感アリアリだけど。私は「職」と「住」をなるべく近づけたいタイプの人なので)、結果的に「コ」がテクノロジーのよりいっそうの普及を私たちに促している側面はある訳で、私たちはその現状を認めつつも、その「思想」には<抵抗>していかなきゃいけないんじゃないかと思う今日この頃です。

 

何かやり方があるはずだ、きっと!

 

 

 

 

 

 


「ワンパク」なご報告 (2020/03/13)

ありがとう、そしてこれからもよろしくね!

「ワンパク」なご報告

 

KIMG1296 KIMG1297 KIMG1298 KIMG1299 KIMG1303 KIMG1306  KIMG1304 KIMG1305

KIMG1309 KIMG1308


「ワンパク2020」開催! (2020/02/18)

10年間の<感謝>と未来への<希望>を込めて!

 

これは「『ワンパク』なパンフの表紙。

君は今日<歴史>を目撃する!!

「ワンパク」なパンフ(表紙)


どうにかこうにか、謹賀新年! (2020/01/01)

2020年年賀状

 

昨年は、眩暈がするような慌ただしい日々。

いろいろ課題もありますが、無事に新しい年を迎えることができました。

本年もよろしくお願いいたします。


Here Comes the ・・・ (2019/03/03)

sasae

 

※パワーポイントのスライドショーでご欄ください♪



【急募】生活支援員! (2019/02/17)

この地味なホームページをいったいどれほどの方がご覧になっているのか分かりませんが、こちらでも告知させてください。

 

 

「ささえ」は、先日無事に船橋市への指定申請書類の提出を済ませ、現在4月1日からの事業開始に向けた認可待ちの状態ですが、よほどのことがなければ無事に開所できそうです。

 

足掛け2年半におよぶ開設に向けた準備が、まもなく終わろうとしています。
自分で言うのも何ですが、40代を迎えたばかりの当時の私(武井)と法人にとって無謀に近いくらいハードルの高い挑戦であった「ささえ」の開設にあたっては、注ぎうる限りの情熱と魂の暗闇、時間、そしてお金・・・つまりは、今の私たちが注ぎうる資源(リソース)のほとんどすべてを注ぎ込みました。

 

この間、苦しいことや悔しいこと、悲しい出来事も年相応・人並程度には経験しましたが、心の中には常に<希望>の明かりが灯っていました。

 

それが、「ささえ」。

 

たとえどんな逆境にあっても、自分の情熱が失われずに、燃え続けていることを確認しながら仕事を続けていけることは、楽しいものですし、何ものにも代えることのできない特別な幸せであると感じます。

「生きている感じ」がする、というか。

 

この2年半の間、私は、自分が再び元の場所へと戻っていくような、すがすがしい感覚をずっと持ち続けていました。今も。

 

 

そんな日々が、まもなく(一旦)終わろうとしています。
4月以降、「ささえ」は私の手を離れ、そこで働く職員たちや利用者および保護者たち、そしてやがては地域のものとなってゆくことでしょう。
なんだかさびしいような、うれしいような・・・不思議な感じ。

 

 

でも、

 

終わりは、始まり。

 

 

新たな事業のスタートまで、あと1ヵ月半!

 

しかし最後の1ピースが、いまだそろっていません。

そこで、最近は「待ち」の姿勢から転じて、慣れない採用活動にも積極的に動き出しているところです。

(ほんとうはこういうことは苦手なんですけどね・・・)

 

という訳で、以下の通り「ささえ」の常勤生活支援員を熱烈に募集中ですので、ご興味のある方はご連絡ください。

 

この3月に地元の特別支援学校を卒業予定の可愛らしい利用予定者の方々のため、ご応募を心よりお待ちしております!

未経験OK。経験豊富な5名の先輩職員が一からサポートしますので、安心して働けます。

 

最初のお給料は決して高くはありませんが、お金では買うことのできない貴重な<生きた経験>と<かけがえのない時間>を持てることは、受け合います。

そしてもちろん、情熱を持って仕事に取組み、自らの成長に向けた努力を厭わない人には、輝かしい将来が約束された職場であると思います。可能性は無限大ですから。

 

この仕事の魅力を知っている人も、まだ感じたことのない人も、騙されたと思って飛び込んできてください!

 

すべてを差し出したものが、すべてを受け取る

それがこの世界のルール(なんちゃって♪)

 

 

********

 

【未経験者歓迎】障害福祉サービス事業所(生活介護事業)における常勤スタッフ(船橋市  新京成線「二和向台駅」徒歩5分 )

 

事業所名:1to1船橋くらしサポートセンターささえ

 

勤務地:咲が丘3-28-2

 

勤務形態:常勤(正社員)

 

職種:生活支援員

 

勤務時間・曜日:営業日:月曜~金曜(土・日休み) ※毎月事業所にて勤務シフト表を作成します。祝日もだいたいお休みです。

 

求める人材:
・明るく・元気で・体力に自信のある方
・障がいのある人たちの<魅力>を引き出し、発信していきたい方
・地域の福祉をいっしょに盛り上げていきたい方

 

勤務時間:以下の時間帯にてシフトを組みます。
1)8:30~17:30(休憩1時間)
2)9:00~18:00(休憩1時間)

 

求人の特徴および仕事内容:
2019年4月1日新規開設事業所のオープニングスタッフ募集!!
住宅街の中にある新築の大きな一軒家のような生活介護事業所です。
広々とした気持ちの良い開放的な空間で、私たちといっしょに、楽しく働きましょう!

仕事内容は、
1)朝、夕の利用者さん宅までの送迎(車は軽自動車またはミニバン)
2)利用者さんとのマンツーマン~1:2の日中活動
~体操や運動、音楽活動、生産活動、社会参加活動、レクリエーション活動 etc.
3)日常的な介助業務(移動、トイレ、食事、その他の見守りなど)

 

*何か「特別なこと」を行おうとするのではなく、障がいのある人たちのご家族がそうしているように、地域の中で”いっしょに”過ごすこと。夜間や週末はご自宅やグループホームなどで過ごされる利用者の方々と、平日の日中を”いっしょに”過ごす、そして一人ではできない様々な経験や感情を<共有>する。そのような<関係性>を大切にしていきたいと考えています。

 

待遇・福利厚生:

<待遇等>
・1年目の基本給与・・・基本給16万8千円+処遇改善基礎手当2万7千円+自己啓発手当5千円
・資格手当(社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士)月額1万円支給
・交通費実費支給(1ヵ月上限2万円まで)
・その他、各種手当あり

 

<福利厚生>
・社会保険完備
・特別休暇(慶弔休暇等)、出産・育児、介護休暇
・退職金制度あり(勤続3年以上)

 

<賞与>
年2回(8月・12月) ※各1ヵ月

 

<昇給>
年1回(4月または10月)

 

<試用期間>
・6ヵ月間(雇用条件変更なし)
※試用期間中の勤務も勤続年数に含めます

 

その他:
・未経験可
・送迎業務の関係で、普通自動車運転免許(AT車限定可)は必須となりますが、その他資格等は必要ありません。
・地元の特別支援学校高等部を卒業したばかりの元気な男性利用者さんたちが多いため、明るく・元気で、体力に自信のある方のご応募お待ちしております。まずはメールまたはお電話にてお問合せください!


まもなく、完成!(1to1船橋くらしサポートセンターささえ) (2019/01/17)

KIMG1018 訓練・作業室 多目的室

 

さ~これからラストスパート!

4月1日の開所に向けて職員一同(あと、工事の職人さんたちも)、がんばりますよ~!!!

乞うご期待☆


職員募集のお知らせ (2018/12/23)

現在、NPO法人1to1では、2019年度からの新体制づくりへ向けて、

以下の事業所にて職員(常勤・パート)を募集しています。

 

経験は問いませんが、法人の理念に共感し、利用者の方々に対してはもちろん、

保護者の方々や取引先事業者や地域住人の方々、そして同じ職場の職員たちを

共に同じ地域社会の中で生きる大切な「パートナー」として認識し、一人一人と

<1to1>の関係を築いてゆくことで、共に成長してゆこういう前向きな意思を持った

気概のある方のご応募をお待ちしております。

 

尚、送迎業務の関係で、常勤職員については普通自動車の運転を安全に行えることを

必須とさせていただきます。

詳細は、ハローワークに求人票を出しておりますので、そちらにてご確認ください。

また、電話でのお問合せは、

 

047-407-4022 (担当:武井)

 

までお願いいたします。
以下、現在求人を募集している事業所となります。ご確認ください。

 

(1)1to1船橋くらしサポートセンター ささえ(生活介護事業所・利用者定員20名)

■住所:船橋市咲が丘3-28-2(最寄り:新京成線「二和向台」駅 徒歩5分)

■募集職種:生活支援員・・・常勤1名

 

(2)1to1船橋しごとサポートセンター りすたあと(就労継続支援B型・利用者定員36名)

■住所:船橋市前原東3-36-1・2

■募集職種:職業指導員・・・常勤1名、非常勤1名

 

(3)ぶろっさむ(就労継続支援B型・利用者定員20名)

■住所:習志野市実籾1-4-1 ゴールドショップ習志野(最寄り:京成線「実籾」駅 徒歩1分)

■募集職種:サービス管理責任者・・・常勤1名

 

※詳細についてはハローワークの求人票にてご確認ください。


なう、準備中!(1to1船橋くらしサポートセンターささえ) (2018/10/30)

KIMG0936

 

という訳で、所関係者にはご心配をおかけしている本件ですが、ついにあと半年後に迫って参りました!

 

果たして大丈夫か!??

 

はい、がんばりま~す!

(いつだって「すべりこみ、セーフ!」が我らの信条・・・


2020年12月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

NPO法人 1to1 ワントゥワン

千葉県船橋市前原東3-36-1
» アクセスマップ
営業時間: 9:00~18:00(月~金)

お問い合わせは TEL 047-411-6816

メールでのお問い合わせ

  • リンク集
  • ぐらすグループ