1. ホーム
  2. 活動ブログ
  3. G・スターダスト

G・スターダスト

*開設5周年企画* ぶろっさむ旅行2014~サマー・オブ・東北~ 其の弐 (2014/08/04)

一同が向かった先は、昨年の「ぐらすグループ」主催のチャリティイベントを通じて、

私たちが知り合った多賀城市の障害者自立支援施設(就労支援継続B型・定員20名)の

社会福祉法人嶋福祉会「さくらんぼ」さん。 http://www.shimafuku.jp/sakuranbo_annai.html

 

以前にもこのブログで紹介したことのある、津波の被害により元あった施設が全損してしまい、

現在、大手家電メーカーの工場内に部屋を間借りした状態で事業継続をしている作業所です。

 

【河北新報ONLINE】再起への道 宮城・被災障害者施設の今(3)/漂流/さくらんぼ(多賀城)/安住の地、確保が難航

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140613_15035.html

 

 

そう、忘れてはならない私たちの今回の旅の<目的>は、以下の3つ。

————————————————————————————————————————

①自分たちも楽しみながら、「千葉で稼いだお金を、東北で使う」ことを通じて、

被災地域・周辺地域の経済の復興支援に仲間たち自身が一役買うこと。

 

②「あの日」から3年が過ぎた東北の太平洋沿岸部の被災地の現状を自分たちの肌で感じ

「これから自分に出来ることは何か?」を考えるための研修として。

 

③被災地で今なお多大な苦労をしながら活動している就労系障害福祉事業所に対して

支援のエールや寄付金を届けること。

————————————————————————————————————————

 

このうちの3を叶えるために、事前にアポをとって、私たちは「さくらんぼ」さんにお邪魔したのでした。

 

ぶろっさむ meets さくらんぼ。 Yes, Cherry Blossom! (←特に深い意味はありません…)

 

 

「さくらんぼ」さんでは、以前にもお世話になった施設長の山崎さんが、震災当日の様子やその後の状況について

「ぶろっさむ」の仲間たちにも分かり易い言葉で丁寧に説明してくださり、また、震災を機に生まれた商品、

震災で損壊された住宅等の銅線を用いた「ト音記号」アクセサリーについて、実際に制作されている

利用者さんが実演をしながら見せてくれました。真っ直ぐな銅線を一本一本力を込めて・丁寧に「「ト音記号」」

の形にしてゆくその姿からは、ガレキの中から復興のはじまりを告げる音楽が聞こえてくるようでした。

 

また山崎さんからは、「さくらんぼ」が今年で10周年を迎えること。再建の道のりは厳しく、事業廃合がささやかれた

時期もあったが、自分たちの屋号を守り抜くために、昨年のチャリティイベントを通じて千葉から届いた寄付金で

ずっしりと重い欅の木から作った看板を制作したこと、いつかこの看板を掲げられるような立派な施設を建てられるように

という願いをもって日々を乗り越えているというお話をうかがい、胸が詰まりそうになりました。

 131 147 KIMG0157

 

最後に私たちからは、千葉のお土産として、「ぐらすグループ」の有志で集めた支援金と、いっしょに頂いたメッセージを

「ぶろっさむ」職員・利用者で色紙に書き写してイラストを添えたものをお渡しさせて頂きました。

(「ぶろっさむ」のレク実行委員長Oさんは、仲間たちへのお土産に「ト音記号キーホルダー」をまとめて購入。)

155 166 101

「さくらんぼ」の皆さん、そして被災地で働いている仲間たち、これからも私たちは千葉から応援し続けます!

そして、私たちも、みなさんが前を向いてがんばっている姿から貰ったパワーで、これからもがんばります!!

未来へ向かい、共に歩みましょう。

(つづく)


*開設5周年企画* ぶろっさむ旅行2014~サマー・オブ・東北~ 其の壱 (2014/08/04)

毎年恒例となった「ぶろっさむ」の宿泊旅行。

ゆかいでおかしな仲間たちのカーニバル(珍遊記)です。

 

今年は開設5周年を記念し、また職員のための研修も兼ねて、

8月1日(金)~3日(日)まで、2泊3日の東北は宮城県の

東日本大震災における被災地域への旅に、

合計23名の仲間たちと共に行ってきました。

 

朝8時に実籾の「ぶろっさむ」に集合。

そこから京成電車で上野駅までGO!

社内では、それぞれもこれから始まる「旅」の予感を感じ、

期待と不安を胸に思い思いの表情をしていましたが、

日頃から月1のお出かけレクで公共の交通機関に乗り慣れているみんなは、

実にマナー良く過ごしていて、私(武井)も感心。

 

唯一、実籾駅構内で、調子に乗って写真を撮りまくっていた私が

みんなから預かった切符を落としてしまうというハプニングがありましたが(オイ!)、

気を利かせてくれた実籾駅の駅員さんが上野駅まで連絡を入れてくれ、

無事に改札を通ることができました。これも日頃の行いが良いからでしょう。(えへ)

 

ちなみに、未来の福祉人材を育てるため、旅行にはヤングジェネレーションズたちも参加です。

健太&直樹 106 まひろ&ひなた

 

上野駅からは、いよいよ新幹線(やまびこ133号)に乗車。

始めての人もいて、いやがおうにも気持ちが盛り上がります。(中には隣の人を突っついたりして楽しんでいる人も…)

115 116 110

12:04分 仙台駅到着。はるばる来たぜ、杜の都。(誰だ?こけしと一体化している人は!?)

そしてランチタイムは、皆さんお待ちかねの…牛タン定食ちゃんでございます♪

新幹線でGO! 123 126

 

そして、たっぷりと腹ごしらえした一同は、レンタカーを借りて、一路、お隣の多賀城市へと向かったのでした。

(つづく)


3.11震災の記憶(LINKS) (2014/03/11)

東日本大震災により犠牲になられた数多くの方々に対して
深く哀悼の意を表します。

今日、宮城県の障害福祉サービス事業所の方より、宮城県沿岸部で
被災した各事業所の関係者の方々による震災当日の手記を元にして
みやぎセルプ協働受注センターが取りまとめ、本日開設したサイト
「3.11震災の記憶」をご紹介頂きました。

今もなお障がいのある方々と共に被災地に暮らし、日々の支援に従事されて
いる方々が、震災から3年が経過した現在、当時の記憶を記録として残すことで、
災害時に全国の人達の参考になればという考えから、悲痛な想いで綴られた
文章を公開して下さっています。

1つ1つの手記について多くの方に読んで頂き、被災地に暮らす方々
のために自分たちに何ができるのだろうか?ということを、これからも
共に考え続けてゆくために、この場を使い紹介したいと思います。

 

3.11震災の記憶

http://www.miyagi-selp.org/links/shinsai-no-kioku

 

(以下サイト内ページより抜粋)
————————————————————————————————
「あの日、私たちは戦っていました。」

3.11 震災の記憶

平成23年3月11日、私たちは東日本大震災を経験しました。それから今日まで、県内外の方々から様々なご支援をいただきながら、復興への道を歩み始めています。日一日と状況が改善されていく中で、震災の記憶もまた少しずつ薄れていくのを感じていました。そんな中、県外の方々から震災時の対応について質問を受ける機会が多くあり、「あの日、何を感じ、どう行動したのかを記録に残すべきでは」という気持ちが強くなっていきました。
ここに掲載しましたのは、実際に事業所が被災し、避難誘導やご家族との連絡、さらには復興への第一歩までを経験した、障害者就労支援事業所職員の「生の声」です。この苦しくも貴重な経験を共有することで、今後起こりうる災害への備えに、少しでもお役立ていただければ幸いです。

————————————————————————————————

 

 


戦後日本の福祉の歴史と就労継続支援事業について (2014/02/12)

戦後日本の福祉の歴史と就労継続支援事業について

※職員向けのお勉強資料(頭が痛くなる版)


はたらくと作業所と私 (2014/02/12)

はたらくと作業所と私(H26年1月)

*職員向けのお勉強資料(簡易版)


What’s going on? (2013/10/09)

「子ども被災者支援法」が骨抜きの危機

原発事故被災者や自治体が、国に“異議申し立て”

 

岡田 広行 :東洋経済 記者 2013年10月07日  より

http://toyokeizai.net/articles/-/21068?page=3

 

 

* * * * *

 

原発事故被災者や自治体が、国に“異議申し立て”

 

福島第一原発事故で被災した子どもや住民の生活や健康を守るための法律が、政府の手で「骨抜き」にされる危機に直面している。

 

昨 年6月、超党派の議員立法による「原発事故子ども・被災者支援法」(以下、支援法)が衆参両院での全会一致で可決成立。そして1年2カ月以上もかかって復 興庁は今年8月30日に具体的な施策を定めた「基本方針案」を発表したものの、その中で「支援対象地域」から外された地域が福島県会津地方や関東、東北の 広範囲に及ぶことがわかった。

 

基本方針案をとりまとめた復興庁は「時期は未定」としているが、支援法制定で中心的役割を果たした川田龍 平・参議院議員(子ども・被災者支援議員連盟幹事長)は「10月15日の臨時国会召集までに現在の案とさほど違いがないまま基本方針が閣議決定されてしま う可能性がある」と危惧する。そうなると、多くの被災者はこれまで求めてきた支援施策の対象外に置かれることになりかねない。

 

(以下、略)

 

* * * * *


多賀城市視察報告(平成25年7月11日) (2013/10/01)

「あの日」から2年4カ月が経過した宮城県多賀城市の作業所「さくらんぼ」さんと多賀城市役所を訪問した際の記録です。

多賀城市視察報告(H250711)


Won’t Get Fooled Again! (2013/09/28)

以下、「東電株主代表訴訟」というホームページの記事より、部分的に抜粋。

詳細は、以下URLを当られたし。

http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/blog-entry-127.html

 

 

* * * * *

 

東電取締役らの不当な不起訴処分は許されない

2013年9月10日

東電株主代表訴訟原告団

 

私たち、東電株主代表訴訟では、裁判において東電取締役らに対し、「津波は予見可能であった」と主張・立証して闘っている。福島原発告訴団の被告訴人である勝俣恒久らをはじめとした東電関係者のほとんどは私たちの訴訟の被告である。

この裁判の過程で、東電テレビ会議の記録が保存され取締役会議事録等が開示されるなど、被告らの過失が徐々に明らかになろうとしている。国会事故調は、原発事故は人災であると断じ、東電自身が過失を認めたことも広く報道されている。

東京地検は、数々の具体的な警告を得ていたにもかかわらず問題を先送りにし、津波対策を何ら取らなかった東電及び被告訴人らを不起訴処分とした。

この度の福島原発告訴団の告訴事件に対する不起訴処分に関して次の点で抗議する。

 

(中略)

 

検察官の独立性

不 起訴の発表を2020年オリンピック誘致が東京に決まったその日、国民がオリンピックの話題に浮かれているその日、更に新聞休刊日にこっそりと発表した。 この不当な不起訴処分を、ニュースの陰でこっそり行おうとしたもので恥ずべき行為である。去る8月30日、東京電力の汚染水問題が衆院経済産業委員会で審 議されようとした際「オリンピック誘致に不利になる」として自民党が先送りしたのと同様、時の政権の意向に従ったと判断せざるを得ず、検察官の独立性を疑わせる由々しき事態である。

 

告訴の政治利用

「不起訴」の正式発表の前にリークした朝日新聞、日経新聞、そして「不起訴」の正式発表を伝えた時事通信、共同通信、東京新聞、毎日新聞、そしてNHKもすべての報道機関が「福島原発告訴団が告訴している菅元首相ら不起訴処分」と同様の見出しを打っている。

しかし、福島原発告訴団が告訴している中に菅元首相は含まれていない。

福 島原発告訴団が告訴・告発しているのは、原発を推進して来た東電歴代取締役、福島県による事故後の安全キャンペーンを担った学者たち33人そして法人とし ての東電である。また、福島原発告訴団と同様に作家の広瀬隆氏とルポライターの明石昇二郎両氏も東京地検に告発していたが、その被告発人は、東電取締役と 学者16人である。いずれの被告訴・告発人に、元首相の菅直人氏は入っていない。

唯一、菅直人氏を告発しているのは「被災地とともに日本の復興を考える会」という団体であるが、政治家など6人を告発しているものの、その活動内容はまったく不明である。

たしかに、福島第一原発事故による被害につき、告訴・告発は複数ある。

し かし、福島原発告訴団は、告訴後から10通以上の上申書を福島地検に提出し続け、具体的な証拠を示し、東電幹部らの過失、被害について主張立証してきた唯 一の市民団体であり、その告訴・告発人数も14716人で最大である。彼ら、彼女らは、この事件の犯人は東電幹部ら、福島県による事故後の安全キャンペー ンを担った学者たちであると告訴に至ったのである。

にもかかわらず、上述の報道は、菅直人氏が告訴されていることを利用し、あたかも福島原発告訴団が菅直人元首相を筆頭とする被告訴人らを告訴しているという印象を与え、多くの国民が誤解を招くよう誘導していると言わざるを得ない。

これは、14716人の告訴・告発人の思いを踏みにじるもので到底許されない。

 

(以下、略)

 

* * * * *


2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

NPO法人 1to1 ワントゥワン

千葉県船橋市前原東3-36-1
» アクセスマップ
営業時間: 9:00~18:00(月~金)

お問い合わせは TEL 047-411-6816

メールでのお問い合わせ

  • リンク集
  • ぐらすグループ